スルガ銀行のデンタルローンを借りる方法は?審査申し込みのコツ

インプラント治療などの高額な費用をすぐに準備できない時に利用するスルガ銀行のデンタルローンですが、利用するには必ず審査をすることになります。

健康に関するローンだし審査基準は甘いんじゃないかと気になりますよね。

本当のところ、他の住宅ローンや自動車ローンとあまり審査基準は変わらないようです。

ローン審査で特に重要視されているのが完済まで毎月の返済に無理がないかを判断するため収入が安定・継続しているかの部分です。

専業主婦の場合はご自身には収入がないので、旦那さん名義で申し込む、または、親戚などに保証人を頼まなければいけないケースがあります。

ご利用を考えている場合は、各ローンの担当者に疑問を聞いてみてください。

インプラント治療は高額な治療費がかかってしまうイメージがあって治療しようという決心がつきにくいですよね。

高額な治療費だからこそ使えるシステムは活用しましょう。

デンタルローンというシステムです。

歯列矯正治療を提案された時に治療費がいくらかかるかの見積もりをもらえるのでその見積もりに対していくら借りるか、また、借入後の分割支払いをどうするのかをローンを取り扱っている会社のHPでシュミレーションをして確認しましょう。

また、年間で治療費を10万円以上支払った場合には、確定申告時に医療費控除を受けることができますので忘れずにしましょう。

歯科医院でインプラント治療などの高額治療を提案されローンがいいですよと言われ、実際に調べると様々な期間の情報が出てきて自分にとってどのローンを選ぶとわかりにくいですよね。

まず見ていただきたいのが金融機関ごとに違う手数料・借入限度額です。

限度額は10万円から700万円という機関もあれば最低30万円から借りられるという機関もあります。

そういったこともあり、治療費の見積もりが20万円なのに最低30万円からのローンを借りることはできません。

また、ローンの審査申し込みをする前に返済シミュレーションを行って月々いくらくらい返済かを確認しましょう。

芸能人の歯って白くて綺麗ですよね。

実は、ホワイトニングや審美治療を受ければみなさんの口元に手にすることができるかもしれませんよ。

ホワイトニングは薬剤で白くするため定期的に歯医者に通って施術し直さなければ元の色味に戻ってしまいます。

ホワイトニング以外の方法として注目されているのが審美治療です。

歯の表面を削って付け爪のような薄い素材の歯型を貼り付ける「ラミネートベニア」という方法や他にも、セラミックやジルコニアでできた歯をかぶせる「セラミック」といった方法があります。

ホワイトニングと比較すると耐久年数が長いことがメリットですが費用は保険適用外になるため高額になりやすいのでスルガ銀行のデンタルローンの利用をお勧めします。

ジャックスやufjをはじめとした企業が行なっているスルガ銀行のデンタルローンですがその仕組みについてご存知でしょうか。

保険適用外の治療を歯医者に提案された際に、準備の難しい金額を提示されてしまった。

そんな方のために存在するのがスルガ銀行のデンタルローンです。

メージとしては住宅ローンや自動車ローンの歯医者専用バージョンと考えてもらえばOKです。

クレジットカードで支払うよりも低金利で利用できます。

クレジットカードでの支払いとは違い、新たにローンを組むので審査が必要になります。

金利や手数料など、自分に合ったローンを探しましょう。

自家用車などの買い物をする時に利用するローンですが種類が色々あってどういったローンがあるのかわからないですよね。

大きく分けて個人向けローンと事業ローンの2つになります。

事業ローンはその名の通り、事業主や個人経営者に特化したローンです。

中には、名義人を法人名義で借りられるものもあります。

個人向けローンには、CMとかでも見かけるカードローンや家を買うときに利用する住宅ローンや歯科治療のみに使えるデンタルローンなどの利用使途を限定したローンがあります。

デンタルローンなどの条件のあるローンの場合、カードローンに比べて金利が低くなっていることが多いです。

携帯料金や公共料金、デンタルローンなど各種ローンの支払いが遅延している、止まった事があるというもしくは延滞していた方じゃ新しく住宅ローンなどを組む時に申し込みをしても審査に通らない可能性が非常に高いです。

というのもローン会社は、審査時に必ず信用情報機関にクレヒスを確認します。

支払いの延滞や債務整理をしていると信用情報機関の俗にいうブラックリストに載ることになります。

信用情報機関にはローンやクレカの申し込み、契約時の情報、借入・返済が問題なかったかなどの情報が記録されています。

クレジットヒストリーは申し込みや完済してから5年が目安で削除されるようです。

歯が抜けた、歯並びを良くしたいと治療した時に歯科医院でスルガ銀行のデンタルローンを勧められたことはありますか?「ローン」とつくだけあり、必ず審査があります。

参考:スルガ銀行デンタルローンの審査は厳しい?人気の理由は?【申込みの流れ】

では、審査基準はどういったところを見られているのでしょう。

法律が絡んでくるので特に気にしているのが年齢です。

未成年では「契約の締結」という、親名義で申し込む、もしくは親や保護者の承諾書が必要になります。

他には、返済の遅延の繰り返しや自己破産など、いわゆるクレジットヒストリーを確認しています。

また、ご自身に収入のない主婦の方も利用できますが配偶者の名義で申込をした方が審査に通りやすいです。

インプラント治療などの費用を立て替えてくれるスルガ銀行のデンタルローンですが、どんな信販会社や銀行機関が行っているのでしょうか。

調べてみると、信販会社としてはアプラス、銀行としてはスルガ銀行、スルガ銀行が上位に表示されました。

申し込み方法やなど借入上限金額など各ローンによって内容、条件が異なるものなので、かかりつけの病院と提携しているローンやそれ以外の各ローンの情報を集めて治療プランに合ったローンを見つけてください。

治療費として年間10万円以上支払った場合、医療費控除の申請ができるみたいなので、自治体・行政などのサービスもチェックしておきましょう。

歯が抜けてしまってインプラント治療を受けたい、でも、高額な費用をすぐに準備できない。

という時に歯医者でスルガ銀行のデンタルローンの活用を提案されることがあります。

ローンなので審査なしとはいかず必ず審査があります。

では、審査内容としてどういった内容を取扱機関は見ているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方が利用しようと考えた場合、親名義で申し込む、もしくは親権者の承諾が必要になります。

他には、公共料金の支払いの遅れやローンの返済状況など、いわゆるブラックリストに入っていないかを見られます。

また、審査結果によっては収入が足りないなどの場合、保証人が必要になることもあります。

顎が痛む・肩こりがひどい、そんな症状でお悩みの方が20代などの若い人に増えているそうです。

実は代表的な顎関節症の症状なんです。

顎関節症は生活習慣病に近い側面があり、治療時にメインで行うのは自宅で行うセルフケアという方法です。

例えばですが、歯を食いしばらないようにするなどです。

それによって状態が改善されることもあります。

また、根本的な治療法として噛み合わせの矯正という方法もあります。

噛み合わせの治療をする場合、治療費用が高額になりやすいのでスルガ銀行のデンタルローンを利用することをお勧めします。

その際は、利用したいローンがいくらから利用できるのかなど情報収集をしましょう。

実は歯並びが気になるなど歯に関する悩みを持っている方は多いようです。

噛み合わせが悪いままだと、虫歯や歯周病になりやすかったり、一方で噛むため頭蓋骨のバランスが崩れて、そのバランスの悪さを取り戻そうとして最終的に体全体に負担がかかることがあります。

高額な費用を立替払いしてくれるスルガ銀行のデンタルローンを利用して矯正しませんか?噛み合わせがよくなることで、左右均等に噛めるようになり筋肉のバランスもよくなるので顔の歪みが改善されます。

またその結果、頭蓋骨のバランスも良好になり、原因不明だった肩こりや頭痛が解消されることもあります。

この機会に歯列矯正を検討してみてはいかがでしょう。

高額な治療費がかかることのある歯科治療ですが、治療を受けたいのに治療費を準備できなくて受けられないという話を聞きます。

そんな方は、スルガ銀行で取り扱っているスルガ銀行のデンタルローンの利用を考えてみてはいかがでしょう。

最低借り入れ金額が30万円以上と他のローンでは最低10万円から借り入れできるのに対して高額になっています。

金利面が他社と差別化されており最低金利が3.8%と他社と比べ低めになっているので、高額な費用を借りるときほどお得ですね。

病院での見積もり金額に合わせて、利用するローンを検討する際の参考にしていただけたらと思います。

「自営業でもデンタルローンは借入できるの?」質問サイトにこんな質問を見かけました。

結論から言うと、自営業でも借りることはできます。

では、なぜそう勘違いしてしまうのでしょう。

その理由として挙げられるのが、歯科治療のみでしか使えないローンなので資金調達など自分の事業目的には使えないことが挙げられます。

そのほかに審査ポイントとして確認される「安定した収入」と言う部分が自営業の場合、どうしてもばらつきが出てしまう、営業期間が短いと「安定した」と見られないこと、一定以上の金額になると確定申告書の写しなどの収入証明を求められることがあることが挙げられます。

デンタルローンなどの各種ローンを申し込む時に気になるのが審査に通るか、落ちることはないのかということです。

では、審査に通りやすいのはどんな人でしょうか。

それは、勤続年数が1年以上で収入が安定している正社員の方です。

これは、収入が安定しているということは返済の見込みが立つからです。

では、落ちる人はなぜ落ちてしまうのでしょうか。

クレヒスに問題がある人が多いようです。

特に若い人に多いのが引き落としができなかった」ということが多いようです。

引き落としされていないのに気づいてすぐに解決したのなら良いのですが連続で延滞や何回も繰り返していると落ちやすいようです。