カードローンって審査が通りやすいって本当?

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

消費者金融の方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、銀行カードローンと比べると消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で売上となり、企業としての利益として計上されます。

消費者金融の金利と銀行金利を比較してみると消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性でも安心して申し込めると人気です。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

人気が高い金融機関の理由は金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

消費者金融のキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

参考:カードローンの審査が通りやすい消費者金融は?

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますからランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?消費者金融のキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みではローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。