フラット35のシュミレーションはネットで簡単にできます

フラット35のシュミレーションは、ネット上でも試せます。
どれくらいの融資を受けることが出来るかと、毎月の返済額がどれくらいになるのかをあらかじめつかんでおくためにも使って見ると良いですね。
ざっくりイメージが持てたら、実際に、金融機関にシミュレーションの作成を依頼してみましょう。
9割融資を使った方が金利を抑えることが出来ていいのですが、そうなると数百万円の自己資金が必要になるのが一般的です。
用意出来るに超したことはありませんが、物件との出会いのタイミングもありますし、10割融資を受けた場合、金融機関から1割を融資してもらう方法など、フラット35の使い方のいろいろなシミュレーションをして検討できると良いですね.