レイクアルサ在籍確認派遣先にも連絡が来るの?

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、レイクALSAの提供よるものとで2種類があります。

レイクALSAというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのレイクALSAのカードローンです。

レイクALSAのキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融のキャッシングの方がレイクALSAよりもデメリットが多いように思えますが、レイクALSAのキャッシングの方が比較的レイクALSAが派遣社員でも審査が通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時、カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

人気が高い金融機関の理由は金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを上げてみますとどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

レイクALSAのキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので派遣社員の審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、レイクALSAのカードローンなどには総量規制というものがあり年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査能力は優れたものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いとされるレイクALSAですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とするレイクALSAの方が、与信審査の専門性が高いからです。

レイクALSAのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

参考:レイクアルサの在籍確認では本人確認はするの?
カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもローンカードを持っているだけで派遣社員の審査に不利になりますから住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

見事、派遣社員の審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立ててしまうと派遣社員の審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

消費者金融と銀行の金利を比較してみると通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融の金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には派遣には金利が低いレイクALSAもありますので必ずしも消費者金融のほうが派遣には金利が低いとは言い切れません。

レイクALSAのキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、レイクALSAが派遣社員でも審査が通りやすいなどがありますがレイクALSAと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますのでかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことにより法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。